消すなら専門家にお願いを|ほくろ悩みを解消しよう【傷跡を残さない除去方法】

ほくろ悩みを解消しよう【傷跡を残さない除去方法】

  1. ホーム
  2. 消すなら専門家にお願いを

消すなら専門家にお願いを

顔を触る人

ドクターに取ってもらおう

顔にあるほくろは、場所によってはメリットと感じられますが、ほとんどは美容的にデメリットと考えられています。そのため、邪魔なほくろを除去するために、いろいろな手段を利用している方も多いでしょう。自宅でも簡単に除去できるといわれている方法はいくつかあり、クリームを塗る方法やお灸を使う方法などがあります。しかし、それらは確実にほくろを除去できるとはいえずに、取れたとしても、傷跡になって残る可能性があるので注意が必要です。黒い点がなくなったとしても、そこに赤みや凹みが残ってしまったのでは意味がないので、専門家の施術を受けることを考えましょう。なお、美容的な施術を受けられる施設として有名なのはエステサロンですが、そちらではほくろの除去はおこなえません。そのため、きちんと消してもらいたいなら、医学的な施術を受けられる医療施設を活用しましょう。美容皮膚科や美容外科といったところに通えば、美的センスがあるドクターが医学知識をつかって、傷跡が残らないようにしっかりと除去をしてくれます。なお、見た目が気になっていることに加えて、ガンなどの病気を疑っている場合は、普通の皮膚科に訪れて診てもらえます。傷みがあったり膨らんできたりしているのなら、健康に害をなす症状かもしれないので、きちんと診察してもらうと安心できるでしょう。そして、診察で不安を払拭できたのなら、美容系のクリニックに訪れることをおすすめします。もしかすると、普通の皮膚科でも取ってもらえるかもしれませんが、跡を残したくないのなら、美容のスペシャリストがいるクリニックを活用しましょう。ほくろを消すための施術方法はいくつかあって、一番シンプルな方法は、メスでくり抜いてしまうことです。こちらの方法は普通の皮膚科でもおこなわれていて、美容目的ではなく健康目的で利用されるケースがほとんどといえます。くり抜いたものを検査にだして、異常があるかどうかを確かめますので、病気を疑っているのならこちらの方法になるでしょう。ただ、跡を残さないことを考えた施術ではないため、美容目的の方は不満があるかもしれません。美容を一番に考えて、ほくろの除去をして欲しいのなら、レーザーを使った施術を受けましょう。こちらは普通のクリニックでは受けられることは少なく、たいていは美容系のクリニックで受けることになります。傷跡が残らないように、一つひとつ丁寧に除去してくれますので、不満のない綺麗な肌を実現してくれるでしょう。跡ができる可能性はとても低いですが、レーザーを当てる必要があるため、肌に傷はできます。その傷が治るまでの期間が必要なので、イベントなどがある方はスケジュールをきちんと考えてから施術を受けましょう。もちろん、傷が治るまでの期間は、施術前にドクターから教えてもらえるため、安心しても大丈夫です。なお、ほくろの除去をクリームやお灸を使って自分でおこなったせいで、肌に傷跡が残った方もいるでしょう。しかし、それも美容系のクリニックならしっかりと治療ができますので、ドクターへの相談をおすすめします。そして、傷跡と一緒に残っているほくろも消してもらえば、一石二鳥で綺麗な肌に生まれ変われるでしょう。