ほくろ悩みを解消しよう【傷跡を残さない除去方法】

  1. ホーム
  2. 目的に合わせて選ぶ

目的に合わせて選ぶ

カウンセリング

きれいに除去する方法

ほくろ除去してくれるところには、皮膚科や美容外科などで行うことができます。それに加えて、除去の方法もメスで切り取るほかに、レーザーやクリームを使う方法があります。この中で、あまり費用を掛けずに行いたいという人はメスで切り取る方法となります。これは、ほくろの状態に応じて異なるものの、私生活に支障が出る場合に保険を使うことができます。例えば、検査をして悪性腫瘍の可能性がある場合には、1万円ほどでほくろ除去をすることができます。それ以外にも、洋服を着脱するときにあたる場合にも適用になります。特に、メスできる方法は、背中など大きいほくろに使われることが多い方法です。そして、よりきれいに除去したいという人は美容外科で除去してもらうことになります。ちなみに、美容目的になるためほとんどのパターンで保険適用外の治療となります。それに加えて、美容外科によって料金設定も異なるため調べておくことが大切です。そして、除去方法としてレーザーを使うのですが、炭酸ガスレーザーなどがあります。比較的小さいほくろであればきれいに除去できるため人気があります。そして、料金としては、3mmほどで1万円前後となります。そして、これよりも1mmずつ大きくなるごとに5千円ほど高くなっていきます。もちろん、個数が増えるごとに料金が多くなるため、カウンセリングを受けてはっきりとした料金を確認することが大切です。ちなみに、レーザーの種類によって適しているほくろの大きさなどが異なるため、この点も含めて確認をすることが必要です。特に、顔のほくろ除去の場合には、やけどなどのリスクを抑えるためにも、技術があるところに依頼をすることが重要です。ほくろは見た目を気にする人にとってコンプレックスになるだけでなく、状態によっては悪性腫瘍になる可能性もあります。そのため、皮膚科などで検査をして早めに除去することが大切です。悪性腫瘍の可能性がある特徴としては、短期間で色が濃くなって6mm以上になった場合は可能性があります。もちろん、先天性のほくろもあり、私生活に支障がない程度であれば全額自己負担でほくろ除去することができます。ちなみに、私生活に支障が出るほくろというと口の周りで髭剃りがしにくくなっていたり、瞼にあり視界が妨げられたりするような場合に適用になります。基本的には皮膚科での治療で適用になり、美容外科では適用にならないことが多いです。そして、ほくろ除去では先ほどもあったように生活に支障がある場合に除去するのと、美容目的の場合があります。できるだけきれいに除去し後も残らないようにしたいという場合には、美容外科でほくろ除去を依頼することになります。もちろん、保険適用外ですがレーザーなどを駆使して跡が残らないようにすることができます。特に、炭酸ガスレーザーは出血が少なく傷の跡が短期間で直るというメリットがあります。大体は一回で終わらせることができます。そして、電気分解法というものもあり、6mmほどのほくろに対応していてレーザーよりも取り残しが少ないという特徴があります。それに加えて、傷も治りやすく適切に傷口のケアをすることでほとんど目立たなくなります。実際にほくろ除去をする時には目的に応じて選びことも大切です。背中など見えない部分は皮膚科で除去し、顔など出来るだけきれいにしたいところは美容外科で行うという使い分けもできます。