ほくろ悩みを解消しよう【傷跡を残さない除去方法】

ほくろ悩みを解消しよう【傷跡を残さない除去方法】

目的に合わせて選ぶ

カウンセリング

ほくろ除去にはメスできる方法とレーザーを使う方法が一般的です。その中で、悪性腫瘍になる可能性がある場合には保険適用で除去することができます。その点、美容目的で顔などのほくろ除去の場合は、美容外科で治療をしたほうがきれいにできます。

消すなら専門家にお願いを

顔を触る人

自分でほくろを除去する方法もありますが、それらは本当に効果があるかも分からず、取れたとしても傷跡が残る可能性があります。もしも、綺麗にほくろを除去して欲しいのなら、美容系のクリニックに訪れてレーザーで取ってもらいましょう。

気になるほくろを取るには

医者

ほくろ除去は悪性腫瘍の疑いがある場合は保険診療で、その他は自由診療になるのが一般的です。皮膚科や美容皮膚科、形成外科で施術を受けられるので、費用や施術実績、施術内容などを比較して検討するといいでしょう。

大きくなる前に治療する

女性

メスやレーザーなどを使う

顔の目立つ場所に出来ているほくろを取りたいという方に人気となっているのが、ほくろ除去の手術です。大きくなりすぎたり、これから病気になる可能性があると判断された場合には保険が適用されたり、安い費用で手術を行なう事が可能です。放っておいても健康面では大丈夫なほくろではあるが、美容の観点から見て気になるので取りたいという方にも対応しています。美容皮膚科では傷跡を残さない除去方法も導入しているため、保険が適用されるものであっても、あえて美容皮膚科で手術をする方もおり好評です。病気になる可能性があるほくろの場合は、完全に根から治療する必要があるため傷跡が残る可能性がある手術方法であってもメスを使用して行なう事もあります。根が深いものや大きいサイズのものの場合は、メスを使用して切開で手術を行いますが根が浅いものや小さいものの場合は炭酸レーザーガスで気軽に取る事も出来ます。麻酔をしてからメスや炭酸ガスレーザーを使用するため手術を行っている最中の痛みはほとんどなく安心です。手術にかかる時間は、短時間で終わる場合がほとんどですが手術する箇所の数が多い場合は何日かに分けて手術を行う事もあります。どの手術方法であっても日帰りで終わるため、誰でも気軽に手術を受けやすくなっており便利です。また、美容皮膚科では、数が多いほくろを炭酸ガスレーザーでまとめて取るプランを適用しているところもあります。ひとつひとつの手術代を支払うよりも、まとめて取るプランを利用した方が手術代が安くなるため人気です。保険が適用されるほくろ除去の手術方法としては、メスを使って傷跡を縫合する方法が一般的でしたが炭酸ガスレーザーを用いた除去手術でも保険が適用されるようになり利用者が増えています。手術の流れとしては、大きなものの場合は1箇所に対して数回に分けて炭酸ガスレーザーを使い少しずつ小さくしていくというものです。治療にかかる期間はメスを使う手術よりも長くなりますが、根が深いほくろにも使える方法なので傷跡を残さずに治療したいと希望する方から好評です。まぶたに出来てしまったものなどの皮膚が薄く傷跡が残りやすい箇所には炭酸ガスレーザーを選ぶ方が多く、大きなものであっても数回に分けて治療を行う方法がオススメです。様々な手術方法の中から選べるのがほくろ除去手術の良い点なので、医師と相談して自分に合った方法で治療すると納得のいく手術を行う事が出来ます。万が一、手術をした部分から再びほくろが出てきた場合は根が取れていなかったなどの可能性があるため手術をした病院に診てもらう事が大切です。また、美容目的で保険適用外の手術をした場合には、保証される期間内であれば万が一再発して同じ箇所からほくろが出てきた際の治療費が安くなるプランを適用しているところもあります。あらかじめ、プランを確認してから手術を行うと費用の面でも安心です。保証期間は美容皮膚科によって異なりますが、1年間保証期間が続くところもあり、再発した場合でも治療してもらいやすくなっています。手術の内容によって保証も違うので、カウンセリングの際に詳しく説明を受けてから治療を受けるようにします。